ドローンに関する総合情報サイト(便利舎ひまわり工房)

DJI,HUBSAN,AutelRobotics 新機種ドローンに心騒ぐ!#1

DJI,HUBSAN,AutelRobotics 新機種ドローンに心騒ぐ!#1

「DJI MINI 2」 4K仕様

DJIから待望の新機種「MINI 2」公開

Mavic miniと同じく重量は199g! 4K撮影に対応していて、スペックがMavic2に近づいたモデルが発売されました。

小型軽量だが、パワフル

10月以降、立て続けにカメラ関連新製品をリリースしているDJIがついにドローンの新製品「DJI MINI 2」を発表。昨年10月末にリリースされた199gに重量を抑えた小型本格ドローンMavic Mini の後継機となっています。

Mavicの文字が外されてはいますが、スペックを見る限り“小さなMavic 2”と言えるのではないでしょうか。

価格は、本機と付属品セット ¥59400、

Fly more Comboセット ¥79200   入門機としては、まずまずの価格です。

付属品セット

Fly More Combo

DJI MINI 2 機体×1 送信機×1 インテリジェントフライト バッテリー×3(単品は1)Type-Cケーブル×1 (充電用)Micro USBコネクタ×1 USB Type-Cコネクタ×1 Lightningコネクタ×1 予備プロペラ×3セット(単品は1)予備コントロールスティック×1組 予備ネジ×18本(単品は6本)ドライバー×1

本プロペラホルダー×1 2WAY充電ハブ×1 18W USB充電器×1 ショルダーバッグ×1 (以上は、コンボのみ付属 )

MINI 2 基本スペックを見てみよう!

3機種比較をしてみます。(発表データの比較)

Mavic 2 zoomMINI 2Mavic Mini
重量905g199g199g
サイズ L W H
(折り)
(展開時)
(展開時・プロペラあり)
214×91×84 mm
322×242× 84mm
138×81×59 mm
159×202×55 mm
245×289×55 mm
140×81×57 mm
159×202×55 mm
245×289×55 mm
最大上昇速度5m/s(Sモード)
4m/s(Pモード)
5m/s(Sモード)
3m/s(Nモード)
2m/s(Cモード)
4m/s(Sモード)
2m/s(Pモード)
1.5m/s(Cモード)
最大下降速度3m/s(Sモード)
3m/s(Pモード)
3.5m/s(Sモード)
3m/s(Nモード)
1.5m/s(Cモード)
3m/s(Sモード)
1.8m/s(Pモード)
1m/s(Cモード)
最大飛行速度20m/s(Sモード)
3m/s(Pモード)
16m/s(Sモード)
10m/s(Nモード)
6m/s(Cモード)
13m/s(Sモード)
8m/s(Pモード)
4m/s(Cモード)
最大飛行時間29分18分(無風で約4.6m/s)18分(無風で約3.3m/s)
カメラセンサー1/2.3 CMOS
有効画素数:12MP
1/2.3 CMOS
有効画素数:12MP
1/2.3 CMOS
有効画素数:12MP
レンズFOV:83°(〜48°)
35mm換算:24mm(〜48mm)
FOV:83°
35mm換算:24mm
絞り:F2.8
FOV:83°
35mm換算:24mm
絞り:F2.8
動画ISO感度100~3200(自動)
100~3200 (手動)
100~3200(自動)
100~3200 (手動)
100~3200(自動)
100~3200 (手動)
静止画ISO感度100~1600(自動)
100~3200 (手動)
100~3200(自動)
100~3200 (手動)
100~1600(自動)
100~3200 (手動)
最大静止画サイズ4:3 4000×3000
16:9 4000×2250
4:3 4000×3000
16:9 4000×2250
4:3 4000×3000
16:9 4000×2250
静止画フォーマットJPEG / RAWJPEG / RAWJPEG
動画解像度4K:3840×2160
@24/25/30p
2.7K:2688×1512
@24/25/30/48/50/60p
FHD:1920×1080
@24/25/30/48/50/60/120p
4K:3840×2160
@24/25/30p
2.7K:2720×1530
@24/25/30p
FHD:1920×1080
@24/25/30/48/50/60p
2.7K:2720×1530@25/30p
FHD:1920×1080
@25/30/50/60p
最大動画ビットレート100Mbps100Mbps40Mbps

カメラ性能が上位機種Mavic 2 Zoom と同等(ズームはありませんが)であること、 Mavic Mini では見送られた4K解像度での撮影も30pで撮影できるようになったことが注目です。

USB TypeCで使いよい

また、映像のデータ量を示す「最大動画ビットレート」も、2.7Kから4Kに解像度アップに伴い、旧型の40Mbpsから100Mbpsに大幅アップしています。旧Mavic Mini ではこのビットレートの低さから撮影した映像の再生時にあれっと思うこともありましたが、100Mbpsであれば再生動画の画質にも期待が持てることでしょう。

今回のMINI 2 では電波干渉に強いことで定評がある「Ocusync 2.0」に映像伝送方式が変更され、理論値最大映像伝送距離も6kmとなりました。

飛行速度はMavic 2 とほぼ同等のスピードを出せるくらいパワーアップしており(特にNモード)、映像伝送距離の拡張と合わせてストレスの少ない空撮フライトを楽しめそうです。

既に多くの方々によってそのレビューが投稿されています。 筆者もすぐにといきたいところですが、実は他にも注目している機種があるのです。

タネを明かせばZINO2とEVO2PROなんですよ、予算の都合上なかなか実際のフライト感覚をお届けできないのが残念なのですが、なるべく頑張ってみたいと思います。

それまでは、素晴らしい新機種の紹介やこれからのドローンの進化についてじっくり考察してみたいと思います。

世界のドローンニュース

中国・雲南でドローンを使った「空中植林」 荒れた山岳地帯に苗木が芽吹く

ナスカ地上絵、ドローン画像で新たな発見も【古代文明、謎の魅力】

ドローン入門カテゴリの最新記事