ドローンに関する総合情報サイト(便利舎ひまわり工房)

水中ドローン導入〜深海の調査研究の促進と情報発信(サンシャイン水族館)

水中ドローン導入〜深海の調査研究の促進と情報発信(サンシャイン水族館)

東京・池袋のサンシャイン水族館は、深海の調査研究の促進を目的として、水中ドローンを使用した調査活動を開始。

■サンシャイン水族館 概要
所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上

将来的には近隣の学校への特別授業も視野に入れている。今後は、月1~2回程度、水中ドローンを活用した深海調査の実施や、マニピュレーター(遠隔操作できるロボットアーム)などを用いた生物採集も検討している。

FullDepth DIVE unit 300

ドローンからの映像には「深海ゴミ」も映っています。この活動を通して、環境問題からくる深海の生態系への影響、海に沈むゴミ問題などを含めた調査研究を行い、将来的には近隣の学校への特別授業も視野に入れています。今後は、月1~2回程度、水中ドローンを活用した深海調査の実施や、マニピュレーター(遠隔操作できるロボットアーム)などを用いた生物採集も検討しています。

水中ドローンによる深海調査映像

今後の取り組みについて

地球温暖化による生態系の危機的な状況や、海洋ゴミ・マイクロプラスチックの問題など、地球の環境変化に関しての未来の予測シナリオとしては非常に悲観的な見方が広がっている中、水族館の役割は多くの人に“命の尊さ”を感じてもらい、生物や地球環境に興味を持ってもらう生涯学習の場としての普遍的な使命をを持っている。

サンシャイン水族館が今後の調査研究分野の1つとして掲げた「水中ドローンによる深海調査」により得た貴重な情報は、様々な環境問題による深海での生態系への影響をはじめ、社会的課題を共有できる第三者との協力事業も視野に入れつつ、水族館の専門性を活かしていく予定。

水中ドローンとは、

潜水用のドローンの通称、主に小型の無人機で、遠隔操作により操れる。 海底の状況を調査したり撮影したり、人が容易には入れない狭隘な洞窟や重油が流出している恐れのある海域を調査したり、より手軽に調査・観測を行える。

Youcan Robotics Japan、水中ドローン「BW Space Pro」シリーズを発売、水深100mの4K撮影が可能 !

株式会社Youcan Robotics Japan(以下:Youcan Robot)は、水中ドローン「BW Space Pro」シリーズ、4Kモデル・4Kズームモデル・FHDモデルの3モデルが発売されている。

  • 4Kモデル(2019年8月8日発売):130度広角4Kレンズを搭載:税別150,000円
  • 4Kズームモデル(2019年10月発売):光学3倍、デジタル2倍の最大6倍のズームカメラを搭載
  • FHDモデル(2019年9月発売):運動性能はそのままで、FHDカメラ搭載のエントリーモデル
ドローンによる水中映像

関連記事

iOSやAndroidアプリで観ながら、有線コントローラーや音波で操縦できる 水中ドローン!

ドローン・ビジネス

ドローンビジネスカテゴリの最新記事