ドローンに関する総合情報サイト(便利舎ひまわり工房)

球体ドローン「ELIOS」。狭小ガス管内でも点検作業が安全に!

球体ドローン「ELIOS」。狭小ガス管内でも点検作業が安全に!

『ELIOS』は、人が立入困難な設備や危険を伴う場所を点検することを主眼に開発された特殊球体ドローンです。

ブルーイノベーション株式会社 (東京都文京区)は、機体周囲に保護フレームを装備し高い耐衝撃性を備えているので、障害物にあたっても跳ね返り墜落することなく、そのまま飛行を続けることが可能。従来、人が立ち入り困難であったり、危険区域だった場所にも入ることができ多くの人手や費用をかけていた点検も、安全且つ効率に点検撮影が可能となった。

 

狭い場所でも、安全に通過

ELIOS  開発の背景

ブルーイノベーションは、ドローンをBlue Earth Platform( 協調・連携させて複雑なミッションを達成させる統合管理プラットフォーム )を軸に、警備、屋内点検、教育・安全、エンタメ、物流のサービスの展開している。

下水管点検や地下トンネル点検用のドローンシステムを開発し実験を行い、その業務に最適なドローン機体を検討してきた。

昨年、Flyability SAと業務提携し、屋内狭小空間での飛行に最適な性能を持つFlyabilityのELIOSを採用し、従来困難であった屋内点検分野での新たなサービスを展開した。(Flyabilityは点検分野に特化したドローン機体開発のベンチャー企業)

同社のELIOSは、これまで屋内で懸案のコンパスエラーがなく、パイプラインや狭小空間で安定した飛行が可能で、ボイラーやタンク、工場の高所等、狭小空間の点検において着実にユーザー層を広げてきた先駆的企業である。

同社のELIOS2は、安定化センサーや4Kカメラ等、多彩な新機能を搭載することで、操縦性・安全性・撮影性能を大きく向上させ、取得データを活用し3Dモデリング作成等も簡単にできる。

ドーム型の保護フレーム

ELIOS2の主な特長

・7箇所のセンサーにより、壁面の距離を一定に保つことができる他、ホバリング、複雑なスペースでの飛行が可能となった。また、ひっくり返ってもプロペラのスピード、回転方向を直ちに修正し元の姿勢に戻るので、操作に不慣れな人も安全に飛行させることができ、 高い操縦性・安全性を実現、点検員が危険な狭小空間に入る必要がない。

 

ANNニュースチャンネル 提供動画

・新たに搭載した4Kカメラ、赤外線カメラ、産業用ドローンの中で最も強力で調光可能なLEDライト、防塵ライトにより、高い撮影性能を実現した。

また、撮影時にガードが映り込まないように、カメラ部分の前面は新たにオープンな構造とし、フルHDリアルタイム映像伝送により、現場の映像を詳細に確認できる。

・ 新たに搭載された、静止画(JPEG)撮影機能、歪曲した映像の平面補正機能、対象箇所の長さが計測できる2D測定機能、3Dモデリング作成機能(ソフト別売)により、計画から報告書作成まで一貫してサポート可能になる。

高い周波数を使ったコントロールで一番気になるところが、電波の到達範囲。 同社が持つノウハウを生かした「ELIOS」および「ELIOS2」は、どこまで活躍できるのか今後も注目していきたいものです。

ドローンの種類カテゴリの最新記事