ドローンに関する総合情報サイト(便利舎ひまわり工房)

「4D GRAVITY」 搭載ドローン、(株)エアロネクストが ACSLと連携し新機体開発に着手。

「4D GRAVITY」 搭載ドローン、(株)エアロネクストが ACSLと連携し新機体開発に着手。

「4D GRAVITY」と ACSL(株式会社⾃律制御システム研究所) の 自律制御技術と統合 安全かつ高効率な産業用新機体開発を開始 。

エアロネクストが展開する重心制御技術「4D GRAVITY」は、ドローンに荷物等が搭載された際に変化する重心に対応することで、飛行時の安定性や信頼性の向上を可能とする。

出前用バイクに取り付けられている、出前機 のようなイメージですね。その電子制御版といったところでしょうか。

ACSL(株式会社⾃律制御システム研究所)は、産業用ドローンの開発ノウハウや画像処理・人工知能(AI)を活用した自律制御技術持つ。

2社の技術を統合することにより、インフラ点検や郵便・物流、防災等の幅広い分野において、より安全かつ高効率な産業用ドローンの実現を目指し、新機体開発を開始した。

4D Gravity™ 機体構造

『4D GRAVITY』はドローンの中心にある長い縦棒を軸とした「貫通ジンバル構造」によって飛行部と搭載部を接続。 どんぶりに入ったラーメンの汁をこぼさずに運ぶことができるほどの安定性との事です。

確かにラーメンの運搬にも使えそうな・・。

風に対抗しドローンドローンに搭載された荷物を常に安定させる重心制御システム。

この貫通ジンバルを用いてドローンの飛行姿勢や、動作に応じて重心位置を最適化させることで、方向転換などの操作、風などの外的要因があってもブレのないドローン飛行を可能にしています。

エアロネクストは、機体の構造を根本的に見直し、独自の重心制御技術「4D GRAVITY」を開発した。

従来のドローンでは実現できなかった安定性、信頼性で産業用ドローンの用途範囲を拡大する。また、4D GRAVITYをドローンの標準技術にするために特許ポートフォリオを構築し、これらのライセンスビジネスのグローバル展開を推進するとしている。

さらに、ACSLは産業分野における既存業務の省人化・無人化を実現すべく、ドローンを中心にAIやクラウド、エッジコンピューティングを含めた無人化システムの開発を進めている。特に、画像処理・AIのエッジコンピューティング技術を搭載した最先端の自律制御技術を提供しており、既にインフラ点検や郵便・物流、防災などの分野で採用されている。

特に、画像処理・AIのエッジコンピューティング技術を搭載した最先端の自律制御技術を提供しており、既にインフラ点検や郵便・物流、防災などの分野で採用されている。

株式会社エアロネクスト、新たなコンセプトとして、「空飛ぶゴンドラ」を発表

パイロットの同乗が必要ない遠隔操縦自動航行の乗り物

配信動画は、㈱エアロネクスト社 提供の物です。

ドローン・ビジネス

ドローンビジネスカテゴリの最新記事