ドローンに関する総合情報サイト(便利舎ひまわり工房)

自撮りができる!お手軽ポケットドローン。

自撮りができる!お手軽ポケットドローン。

重さは199gで改正航空法の対象外(規制対象は200g以上)となるのが、 トイドローンだが、さらに小さい ポケットドローンで 手軽に自撮りを楽しもう!

最近では、ドローンに関する法改正や自治体による各ルールなどで、昔ほどの自由性が無いように思われるドローンではあるが、基本的なルールを守ってさえいれば、お手軽にドローンを楽しむことは可能です。

コントローラーや予備バッテリーなど荷物がかさんでしまいそうだが、機体丸ごとポケットのすっぽりと入ってしまうポケットドローンは、案外気楽に使えるものなんです。

2点ほど紹介してみましょう。

DOBBY(ドビー)

4K画質で自撮りができる、高性能・小型セルフィードローン  

折りたたみポケットドローン ”DOBBY”

DOBBY(ドビー)はポケットに収まる大きさの自撮りドローンです。

たった199gの軽量コンパクトな本体でありながら、高解像度撮影(静止画・動画)と安定した自律飛行ができます。
スマホでかんたん操作、気軽にどこへでも持ち出して、これまでにない自撮り(セルフィー)を誰でも楽しむことができます。

高画質自撮り撮影

1,300万画素の多機能カメラを搭載しており、静止画:4K、動画:フルHDでの高画質撮影が可能。

手ぶれ補正

三軸電子手ぶれ補正技術で、DOBBYが飛行中でも安定、スムーズな画質を保持できます。

被写体追跡(フォローミーモード)

FOLLOW SNAP 2.0技術で、運動中の人でも、物でも追跡して撮影することができます。

ジェスチャー(手ぶり)コントロール

ジェスチャー(手ぶり)で離着陸操作をすることができます。

機体前部にあるカメラ

そのほか・・

  • 顔認識モード : 顔を検出してピントを自動的に合わせることが可能。
  • 撮影モード :普通モード、セルフタイマー、連写(バースト)。
  • 音声コントロール :音声による離着陸操作が可能。
  • リアルタイム映像確認 :スマートフォン画面で即座に撮影した映像を確認できて、気軽にSNSなどに画像をUPできます。
収納時の機体
機体下部

自撮り棒では不可能なアングルからでも、好きなショットをとらえることができます。

スペック

本体重量:199g

展開サイズ(プロペラ除く):135mm×145mm×36.8mm

収納サイズ(プロペラ除く):135mm×67mm×36.8mm

最大使用標高:3000m

連続飛行時間:9分間

使用環境温度:0-40度

測位システム(屋外):GPS/GLONASSデュアルモード

測位システム(屋内):オプティカルフロー+超音波(照度>15lx)

制御距離:100m(障害物がない場所)

最大上昇高度:3m(オプティカルフローモード)、50m(屋外モード)

ホバリング精度(垂直):+/- 0.1m(オプティカルフロー測定正常作動時)、
+/- 0.5m(屋外)

ホバリング精度(水平):+/- 0.3m(オプティカルフロー測定正常作動時)、
+/- 1.0m(屋外)

バッテリー

標準容量:970mAh  リポ 2S

定格効率:7.37Wh

定格電圧:7.6V

Wi-Fi

周波数:2.4GHz:5GHz

放射率:EIRP 2.4G: 19 dBm EIRP 5G: 25 dBm

カメラ

画像センサー:1 / 3.06 インチCMOS;有効解像度1300万

レンズ:FOV 75 °;28 mm (35 mm格式のフィルムに相当)
f / 2.2;無限焦点

カメラの傾き範囲:-90 ° ~ 22.5 ° (角度可変式)

画像解像度:4208 × 3120

撮影モード:普通モード、セルフタイマー、連写(バースト): 2 ~ 15 シート

ビデオ撮影モード:10秒自動トラックモード録画、HDビデオ撮影

ISO範囲:100 ~ 3200

セルフタイマーモード:3s / 5s / 10s / 20s

ビデオ解像度:4K@30 fps 録画安定後1080p @ 30fps

保存形式:jpg / MP4 (MPEG-4 AVC / H.264)

ストレージ:16GB

USBインターフェイス:マイクロUSBインターフェース

充電ドック

インターフェース:Type-C

電圧:9V

定格出力:15W

セット内容

販売ショップによっていくらかの違いはありますが、 価格は、税込 5万6千円 程。  

ちょっとお高めですが、ただのトイドローンとは一味違い、ポケットサイズながら、

しっかり GPS機能 や その他の 多機能性 を考えると、十分に納得できる価格です。

 

AEE の Airselfie(エアセルフィー)

メーカー希望小売価格 : ¥43,300(税抜)

通常のドローンは空撮(空から景色や建物を撮影するもの)を重点に設計されたものが多いのですが、

この セルフィードローン は”自撮り機能” に特化したドローンです

また、設定した人物を自動追尾する 顔認識機能を搭載 している。

また、プロペラが露出していない 軽量箱型のボディ が安全性を更に高めています。

プロペラが露出していない、軽量ボディ

プロペラが枠の内側にあり、露出していないため、プロペラ巻き込みの心配が少なく操作ミスによる衝突時でも安心安全なドローンと言えでしょう!

前方側面にカメラ
裏面に電源ボタン 、側面にUSBポート

スマホより小さい手のひらサイズ

取説の案内に従って、専用アプリをダウンロードします。

アプリを起動したら、次は期待との接続です。

wifi設定画面で ”AirSelfie” を選択初期パスワードは「12345678」です!


右側の離陸ボタンを長押しするとプロペラが回転します。

AirSelfieは床・机・地面に置いたままでは上昇ボタンを押しても離陸しません。

手のひらに乗せて、ふわっと浮かせてやる必要があります!

一旦飛んでしまえば、あとは自由です、顔のマークで顔認識ができたり、カメラマークで静止画撮影等、感覚的操作で使用できます!

操作画面

 

 

付属品は、本体・充電用USBケーブル(タイプC)・本体カバー、説明書のようです。

セット内容

基本仕様は、つぎのとおりです。

項 目       内  容
飛行時間 約3分 (小型なので、ちょっと短い)
最大上昇高度 20m
制御距離 20m
ホバリング精度垂直:+/-0.1m
水平:+/-0.2m
専用アプリアプリ名【Airselfie】
WiFi:≤ 20m(干渉のないオープンエリア)
対応OS:Android 5.0.1以上、iOS 9.0以上
WiFi周波数2.4GHz(障害物がない時)
カメラ写真解像度:500万
ビデオ解像度:1080p/@30fps
ストレージフォーマット:JPG/MP4(MPEG-4 AVC/H.264)
メモリの容量:4GB micro SDカード内蔵
USBタイプ:Micro-USB
バッテリー 標準容量:260mAh
定格電圧:7.4v
バッテリータイプ:LiPo
充電時間:約30分;5V 2A
パワーバンク(専用 PowerBank)標準容量:充電用電池 12600mAh(約20回充電可能)
定格電圧:7.4v
バッテリータイプ:LiPo
充電時間:約6hr;5V 2A
外形寸法約94.5(W)×10.6(D)×67.4(H)mm
重量約61g
製品構成本体 ×1
本体カバー ×1
パワーバンク ×1
MicroUSBケーブル ×1
延長アダプタ ×1
取扱説明書 ×1
ご使用時の注意事項 ×1
保証注意事項 ×1
飛行前チェックリスト ×1

 

メーカー希望小売価格 : ¥43,300(税抜) とありますが、ショップによる若干の差はあります。

これも、ただのトイドローンとの性能の違いを考えたら、それなりの納得価格という事でしょう。

 

SELFIE DRONE Lite

SELFIE DRONE ([セルフィードローン) には、 Lite (ライト)バージョンがあります。

メーカー希望小売価格 : ¥8,900(税抜)

ブラックボディ
オレンジボディのセット

上記カラーの他、ブルーグリーンから選べます。

付属の、ドローンジョイスティックで操作もできる

基本仕様
全長: 75mm
全幅: 88mm
全高: 29.2mm
重量: 34g
Wi-Fi: スマホ&タブレット操縦可能
APP対応OS: iOS Android TELEC
バッテリー: 3.7V 300mAh Li-Po
カメラ: 1280×720pix
動画: HD1440×896pix
フォーマット: AVI/JPG
フライト時間 ※: 約5分

これは、一般的なトイドローンとほぼ同じなので、GPS機能はなく手動での操作となります。

小さくて軽量、衝突しても安全な機体ならではの楽しみ方もあると思います。

小型・軽量・安全 とは言え、人込みや町中など やはり安全意識とマナーをもって楽しむように心掛けましょう。

ドローン入門カテゴリの最新記事