ドローンに関する総合情報サイト(便利舎ひまわり工房)

水上ドローンでマリンスポーツ、暑さを吹き飛ばせ!

水上ドローンでマリンスポーツ、暑さを吹き飛ばせ!

ラジコンボートより、更に便利で面白い水上ドローン。空中ドローンのように航空法を気にすることなく、安全に楽しめる新しいマリンスポーツ!

PowerDolphin Wizard 水上ドローン

 今回ご紹介するのは、2019年に発売が開始されたPowerDolphin、移動式魚群探知、釣場の探索、釣針の牽引および撒餌機能を搭載(別売)した多機能のドローンです。

水中マッピングにはソナー技術を駆使し、ウェイポイントナビゲーションに内蔵されたGPSを使用しています。

複数の解像度設定を備えた4K – UHDカメラ、水面の上・下を見るための220º回転可能なカメラ、最大1/2マイルのワイヤレスリモコン、および自動復帰機能を搭載といろいろな楽しみ方ができる仕様となっています。。

 

4K HDカメラ: 1080p高解像度リアルタイムストリーミング、 距離800m範囲でのリモートコントロールが可能。
バッテリ持続時間は2時間と十分な航行時間を稼いでくれます。

巡航モード  :  簡単なクルーズタスクのためのスマートパスクルーズ
ノーマルモード:  最高速度 4.5m/s、自由で滑らかな水上レース
水中撮影モード:  220°ダブルジョイントカメラによる水中シーンの撮影

 

釣り針とルアーを直接取り付けることが可能

カメラで水中の状況を確認しながらの ルアーフィッシング ができるのは、釣り愛好家にとってはありがたいですよね。

水平方向最大132度まで広角撮影が可能です。上下視野角は、-150 ~ + 70度

ダブルジョイント式可動カメラで最大220度まで撮影可能、水上及び水中の撮影ができます。

普段目にすることがなかなかない水中シーンやポイントを狙っての落とし込み(釣り)が楽しめる。

PowerSeeker + GPS航路の水中地形図を作成することができます。

PowerDolphinには、高性能な魚群探知システムであるPowerSeekerソナーを装備することができます。(オプション)

これによりVision+ アプリで航路機能を調整することができ、指定された水域の水中地形図を自動的にスキャンして描画し、正確な水中データを作製することが可能です。

気になるお値段はどうでしょう。

PowerDolphin Wizard(本体、リモコン、コンテナ、PowerSeeker )で、メーカー希望小売価格 ¥109,900。

PowerDolphin Standard(本体、操作スティック)で¥89,900

機能的にみると、同程度のクアッドコプターと同程度の価格となっています。

ひと言

専門ショップはもちろんの事、アマゾンや楽天などでも入手が可能で、取り扱いも簡単お手軽なので、使用可能年齢は結構広いと思います。

空中ドローンのようなこ難しい縛りは、水上ドローンに関してはいまのところありませんが、やはり周囲の状況をよく見てまわりの人達に迷惑にならないようにすることは言うまでもありません。 せっかくの楽しいマリンスポーツですからね。

ドローンの種類カテゴリの最新記事