ドローンに関する総合情報サイト(便利舎ひまわり工房)

DJI,HUBSAN,AutelRobotics 新機種ドローンに心騒ぐ!#3

DJI,HUBSAN,AutelRobotics 新機種ドローンに心騒ぐ!#3

Autel Roboticsのドローン EVOⅡ8K、 EVOⅡPro6K、 EVOⅡ DUAL。

国内バージョン(使用周波数:2.4GHz)が熱い!

折りたたみ式として世界最小クラスの8K/6K動画撮影が可能な3つのバージョンが用意されています、EVOⅡ8Kで18~22万円程、 EVOⅡ PRO6Kで21~26万円程、EVOⅡDUALは業務用ということで、価格問い合わせとなっている。

 

DJIとほぼ同等の価格設定ではあるが、複数メーカーが挙って高性能機を発売するのは今後のドローン業界には必要だろうと思います。早速、EVOⅡ8Kのスペックを見てみよう。  

機体スペック

離陸重量1127g
寸法折りたたんだ状態:
228×133×110 mm(長さ×幅×高さ)
広げた状態:
424×354×110 mm(長さ×幅×高さ)
最大飛行速度(無風) 標準モード:15m/s
超速モード:20m/s  (時速72㎞/h)
最大実用上昇高度(海抜)7000m
最大飛行時間(標準)40分
最大ホバリング時間(標準)35分
最大風抵抗レベル8風速(17.2 to 20.7 m/s)
動作周波数(2.4G)2.4~2.4835GHz
GNSSGPS/GLONASS/VIO/ATTI

カメラスペック

センサー1/2″ CMOS
画素数48MP
レンズFOV:79°
絞り:f/1.8
ISO 範囲ビデオ: 100-3200 (auto), 100-3200 (manu)
写真: 100-3200 (auto), 100-3200 (manu)
シャッター速度電子シャッター:8~1/8000s
ズーム1~8倍 (最大4倍 ロスレス)
静止画撮影モード シングルショット
バーストショット:3/5フレーム
自動露出ブラケティング(AEB):0.7 EVバイアスでの3/5ブラケティッドフレーム
コマ撮り:
JPG:2s/5s/ 7s/10s/20s/30s/60s
DNG:5s/7s/10s/20s/30s/60s
ハイパーライト:サポート(4K JPEGフォ-マットで)
長時間露出:最大8s
HDR画像化:サポート(4K JPEGフォ-マットで)
静止画フォーマットJPEG/DNG/JPEG+DNG
静止画の解像度 8000×6000 (4:3)
7680×4320 (16:9)
4000×3000 (4:3)
3840×2160 (16:9)
ビデオフォーマットMP4/MOV
ビデオ解像度 7680×4329 p25/p24
5760×3240 p30/p25/p24
3840×2160 p60/p50/p48/p30/025/p24
2720×1528 p120/p60/p50/p48/p30/p25/p24
1920×1080 p120/p60/p50/p48/p30/p25/p24
最大ビットレート120Mbps
AEモードAuto/Manual/シャッター優先
AFモードAuto(自動)/ Manual(手動)
AF範囲0.5m~無限

センシングシステムス

センシングシステムタイプ全方位障害物検知システム
前方正確な測定範囲:0.5~20m
検出範囲:0.5~40m
有効検知速度:15m/s未満
FOV:水平:60°,垂直:80°
後方正確な測定範囲:0.5~16m
検出範囲:0.5~32m
有効検知速度:12m/s未満
FOV:水平:60°,垂直:80°
上方正確な測定範囲:0.5~12m
検出範囲:0.5~24m
有効検知速度:6m/s未満
FOV:水平:65°,垂直:50°
下方正確な測定範囲:0.5~11m
検出範囲:0.5~22m
有効検知速度:6m/s未満
FOV:水平:100°,垂直:80°
両サイド正確な測定範囲:0.5~12m
検出範囲:0.5~24m
有効検知速度:10m/s未満
FOV:水平:65°,垂直:50°

ジンバル

重量70g
機械的範囲ピッチ:-135°~+45°
ロール:-45°~45°
ヨー:-100°~100°
コントロール可能範囲ピッチ:-90°~0°
ヨー:-90°~+90°
安定化3軸(チルト、ロール、パン)
最大制御速度(チルト)200°/s
角度振動範囲(°)±0.003°@10m/s
±0.008°@15m/s
±0.013°@20m/s

コントローラー

最大伝送距離(無障害・無干渉)5km
動作温度範囲-10~40℃
動作周波数(2.4G)2.4~2.4835GHz
送信電力(2.4G)2.4~2.4835GHz
FCC: ≤26 dBm
ISED:≤26 dBm
CE: ≤20 dBm
RCM: ≤20 dBm
SRRC: ≤20 dBm
コントローラーバッテリー5000mAh
重量370g
動作電流・電圧1.7A/3.7V
充電温度範囲0~40℃
サポート端末サイズ最大長さ:84 mm 最大厚さ:13 mm
操作継続時間3時間
充電時間2時間の高速充電
ディスプレイ3.26インチ OLEDスクリーン
854(W)*480(H) ピクセル
スマートフォンに接続せずにビデオをプレビュー可能

バッテリー

容量7100mAh
電圧11.55v
最大充電電圧13.2v
バッテリータイプリポ 3S
重量365g
充電温度範囲5~40℃
最大充電電力82W
充電時間90分

アプリケーション

iOS、 Android 対応のアプリあり

 

飛行性能や操作に関する各種機能は、高性能GPS搭載機として一通りの機能は備えられている。これは3機種共通でもあり、相違点は撮影に関する部分についてのみと言ってよいだろう。

EVO II8Kは、1/2インチCMOSセンサーと、f値1.8のレンズを搭載。最大8K/7,680×4,320ドットの動画撮影ができる。ズーム倍率は1~8倍(4倍ロスレス)。静止画は48MPで撮影可能。

EVO II Pro6Kは、最高ISO感度12,800のソニー製1インチCMOSセンサーを搭載、動画は最大6K/5,472×3,076ドットまでの撮影だが、広いダイナミックレンジでノイズにも強く、低照度下でも印象的な写真を撮影できる。レンズの絞り値はF2.8-11、静止画の解像度は20MP。

EVO II Dualは、可視光カメラに加え、米FLIR Systems製の赤外線カメラを搭載するモデル。最大640×512ドットの赤外線画像を撮影できる。1/2インチCMOSセンサーと、f値1.8のレンズを搭載し、最大8K/7,680×4,320ドットの動画が撮影可能となっている。

EVO II Dualは業務用でもあり、100万を超える価格設定となっているためそう簡単には手は出せないが、8Kと6KPROなら、趣味でも仕事でも十分楽しめそうである。

DJI以外のドローンメーカーも益々高性能化することによって、GPS搭載高性能ドローンが低価格化してくるのは大いに結構なこと、大歓迎だ。

200g未満のトイドローンも、にわかに活性化しているようである。 業務用の特殊ドローンも国内メーカーから発売されているようで、あちこちで実証実験が行われています。

どんな風にドローンが活用されていくのだろうか・・・楽しみである!

ドローン入門カテゴリの最新記事